業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2014年03月09日

ヨーグルトや納豆などの「発酵食品」から受ける恩恵は絶大! 海外でも発酵食品が大きな注目の的に

日本人が日常的に食べている梅干や納豆、かつお節に味噌、醤油などの食品は全て発酵食品である。ある研究により「発酵食品は風邪やアレルギーを改善するパワーがある」ことが判明したことを機に、我々が何気なく食べている発酵食品の秘密に迫ってみたいと思う。

・発酵食品の何がすごい?
では発酵食品の何がそんなにすごいのか説明したい。食品が発酵する時に酵母とバクテリアによって作り出される酵素は、糖分やデンプンを分解して、体が栄養分を吸収するのを助ける役割を果たす。中には乳酸菌を生成する物もあり、乳酸菌は腸などの器官に常在して、臓器環境を整えるのに役立っている。

・発酵食品を食べないと善玉菌が減る
スペインの免疫学者チームが腸内の善玉菌の変化を調べるため、毎週ヨーグルトやチーズ、ピクルスなどの発酵食品をたくさん食べている被験者に、2週間それらの摂取をやめてもらい様子をみた。

その結果、免疫機能を支える消化器官内の善玉菌が大幅に減少していることが判明したのである。その後の2週間、被験者に発酵食品はヨーグルトだけ食べてもらったが、再び様々な発酵食品をたくさん食べるようになるまで善玉菌の数は元に戻らなかった。

・発酵食品から受ける恩恵
免疫細胞の70〜80パーセントは消化器官に存在するため、発酵食品を食べて腸内環境を整えることは、免疫力を高めることにつながる。咳や風邪、アレルギー、過敏性腸症候群(ガスが溜まり下腹部の張る症状)の症状を抑える効果があり、ある調査では、10年以上日常的に発酵食品を食べ続けると、2型糖尿病を患うリスクが減少することも明らかになっている。

・海外でも注目を集める発酵食品
近年、発酵食品は海外でも大きな注目を集めている。乳酸菌と酵母で共生発酵させたロシア発祥のドリンク「ケフィア」やモンゴル原産の発酵飲料「紅茶キノコ」などが、一般的にスーパーで販売されるようになった。また、生地に乳酸菌を混ぜて発酵させたサワーブレッドにも人気が集まっているそうだ。

最近、発酵食品を食べていなかったという人は、意識して食事に取り入れてみてはいかがだろうか。缶コーヒーやエナジードリンクを乳酸菌飲料に変えてみるのも良いかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 16:49 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。