業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2014年02月23日

慢性的な便秘は“むくみ腸”のせいかも。肥満も引き起こすむくみ腸対策

2010年の国民生活基礎調査によると、便秘で悩んでいる人は480万人と推定されている。特に慢性的な便秘を抱えている人は、腸自体がむくんだ“むくみ腸”の可能性がある。“むくみ腸”になるとどうなるか、またどうすれば予防できるのか、日本で初めて便秘外来を開設した腸のスペシャリト・小林弘幸先生にうかがった。

便秘は大腸がんとも関係が

そもそも大腸は、便に含まれている水分を腸壁を通じて吸収しているが、その水分がうまく排出されないと腸管がむくんでしまう。この状態が“むくみ腸”である。水分が排出されない主な原因は腸の血流障害にあり、腸の血流が滞ることで水分がうまく流れず、腸壁にたまってむくみになってしまうのだ。

“むくみ腸”になるとどうなるのか。まず、身体全体がむくむため、身体が冷える原因となる。加えて、腸そのものの動きも悪くなり、脂質や糖などの分解障害を引き起こしてしまう。そのため、エネルギーがうまく使われず太ってしまうことがある。さらに、何年も便秘に悩んでいるような便秘症も、“むくみ腸”によって解消が妨げられてしまう場合もある。

小林先生は、便がたまりやすい場所は大腸がんとの発生頻度が高くなるなど、便秘と大腸がんの関連性の深さを指摘している。特に女性の死因は長年大腸がんがトップになっているため、便秘や“むくみ腸”対策は命に関わる大病予防にもつながると言えるだろう。

“むくみ腸”の原因である腸の血流障害は、便秘のほか下剤によっても引き起こされる。下剤は腸に刺激を与えることで便を排出しているが、刺激物である下剤を慢性的に服用すると、粘膜が炎症を起こして血流が悪化してしまうという。

自分が“むくみ腸”かどうか分からない人は、以下をチェックしてみよう。1個でも当てはまれば“むくみ腸”の可能性がある。

・3日以上便通がないという状態が1カ月に数回ある
・5年以上、下剤を使用している
・おなかがカチカチに固い
・常に膨満感がある
・便は定期的に出ているが、出した後、毎回残便感がある
・おならが臭い
加えて、「足や顔のむくみが取れない」「ダイエットしているのに痩せにくい」「ニキビや吹き出物が治らない」などが当てはまれば、“むくみ腸”と思って間違いないかもしれない。

食生活改善と運動で“むくみ腸”予防!

“むくみ腸”は専門医の診察を経て治療することができるが、日常的な心掛けで予防も可能である。小林先生は、下剤に頼らずに毎日便を出すことが重要という。

そのひとつの方法が、腸内環境を整える食生活の改善だ。乳酸菌全般に、腸内環境を整える効果は期待できるが、中でもビフィズス菌は腸内で乳酸と酢酸を産出する。酢酸は腸のぜんどう運動を促すため、より便通改善効果が望める。特に、生きて腸まで届くタイプのビフィズス菌を選ぶようにしよう。

また、ぜんどう運動をサポートする食物繊維をあわせて摂取したい。食物繊維には水溶性と非水溶性がある。水溶性のものは便をやわらかくして排出しやすくし、非水溶性のものは便のかさを増すとともにぜんどう運動を促す効果がある。リンゴやミカンなどの果物類やイモ類、キャベツやダイコンなどの野菜類は、水溶性食物繊維であるペクチンを含み、大豆やゴボウ、小麦ふすま、穀類は、非水溶性食物繊維であるセルロースを含んでいる。

もうひとつのポイントは、腸を刺激して便を押し出すために、おなか周りの筋力を鍛えること。腹圧を高めることで血流がアップし、腸管を刺激することができる。以下の4つのエクササイズを、オフィスや家でのスキマ時間に取り入れてみよう。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 10:48 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。