業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2014年02月16日

「腸内細菌」が「鉄分」の吸収を助けていることを発見 東京工科大学応用生物学部

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の斉木博教授らの研究チームは、整腸作用を持ち人間にとって必要な細菌である「腸内細菌」が、「鉄分」の吸収を助ける働きを持っていることを初めて明らかにしました。

【背景と目的】
鉄分は多くの生物にとって必須の元素ですが、自然界では3価の鉄として存在しており、水にはほとんど溶けません。自然界ではこれを微生物が2価の鉄に還元することで水に溶けるようになり、植物などはこれによって生育に必要な鉄分を調達していることがわかってきています。
食物中には、水に溶け吸収されやすいタンパク質に結合した形で入っていますが、消化の過程で遊離し、3価の鉄となります。人間の腸には、これを2価の鉄に還元して吸収する機構が備わっていると考えられていますが、マウスを使った実験では、3価の鉄を還元する機構を遺伝的になくしても生育に影響が出ないことがわかっています。つまり哺乳類は、自身が3価の鉄を還元する以外にも鉄分を吸収する機構を持っていると考え、腸内細菌の鉄還元の能力を調査しました。
【成果】
小腸内に存在する4種の腸内細菌について、鉄の還元能力を調べた結果、大腸菌、酪酸菌、乳酸菌、ビフィズス菌のいずれにおいても、腸内のような酸素のない条件で3価の鉄を還元し2価の鉄とし、微生物の増殖が促進されることが判明しました。これは鉄の吸収を助けていることを示しています。

【社会的・学術的なポイント】
腸内細菌は、哺乳類の腸内の環境を一定に保ち、腸における消化吸収を助けるとされていますが、本研究により鉄分の吸収にも一役かっていることが新たに判明しました。

※本研究成果は、2013年3月の「日本農芸化学会」において発表されました。

《研究内容の詳細などこの件に関してのお問い合わせ先》
東京工科大学
応用生物学部教授
斉木 博
Tel 042-637-2419
E-mail saiki(at)stf.teu.ac.jp
※(at)はアットマークに置き換えてください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 09:24 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。