業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2014年02月08日

発酵食品のパワーを生かした「野菜の味噌ヨーグルト漬け」の作り方

■ はじめに

味噌とヨーグルトは、整腸作用や血中コレステロールを低下させる効果があり、ダイエットを助けてくれるそうです。これらの成分がじっくりとしみ込んだ野菜を摂ることにより、おいしく健康的にダイエットができます。今回は、野菜の味噌ヨーグルト漬けの作り方をご紹介いたします。

■ 材料

・味噌
・無糖ヨーグルト (味噌2に対して無糖ヨーグルトは1の割合)
・きゅうり、人参、大根などお好みの野菜
・保存容器

味噌とヨーグルトの分量は、容器の大きさや、漬けたい野菜の量によって調節しましょう。

■ 作り方(調理時間:10分)

◎ STEP1:味噌とヨーグルトを混ぜる

保存容器に味噌とヨーグルトを2:1の割合で入れて、よく混ぜます。

◎ STEP2:野菜を切る

野菜を切ります。漬かりやすそうなものは縦半分、漬かりにくそうなものは4つ割にします。

◎ STEP3:漬ける

野菜を入れて、しっかりと奥に入れてまんべんなく漬かるようにして、冷蔵庫に入れておきます。2〜3時間したら食べられますが、一日寝かせておくと、じんわり味がしみこんで、おいしいです。

■ ポイント

取り出す時に手で軽く味噌ヨーグルトを落としてあげたら、洗わずにそのままカットして食べられます。スティック状に切って漬けて、そのまま食べてもいいですね。ぬか床のようにずーっとは使えないので、少なめの量を作っています。毎日野菜を漬けて、3,4日で使いきる位の量にしています。

■ さいごに

ダイエットの強い味方、発酵食品を上手に摂って、健康的にダイエットしましょう。


(著&写真:nanapiユーザー・りんっぴー 編集:nanapi編集部)
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 11:39 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。