業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2011年09月13日

便秘解消効果アリと話題の塩麹の作り方

食の安全性に注目が集まるいま、昔から日本の生活に根付いている伝統食が見直され始めている。添加物を一切使わず、自宅でも作ることができる天然調味料 “塩麹”もそのひとつ。美容や健康にこだわる人の間では、そのパワーが話題になって毎日の料理に取り入れられている。酵素の働きで旨みがアップしたり、 美肌効果もある塩麹とは? そして、その使い方は──?

そもそも、“麹”や“塩麹”とは何だろう。“麹”とは、蒸した米や麦などに“麹菌”という微生物を繁殖させたもので、みそやしょうゆ、お酒など、日本の伝統発酵食には欠かせないもの。その“麹”に塩と水を合わせて発酵させたものが“塩麹”だ。

大手スーパーや百貨店、インターネットなどで麹を購入し、塩と水を加えて自家製の塩麹を作るのが一般的。塩麹自体を売っているお店もある。

この塩麹には、大きく分けてふたつのいいことがある。ひとつめは“おいしくなる”。麹菌が蒸した米や麦に生えるときに出す“酵素”が、食材のたんぱく質やでんぷんを分 解して、旨みと甘みを生み出す。ふたつめは、“健康&美容にいい”。麹には腸内細菌のバランスを整える働きがあるといわれ、免疫力のアップや便秘解消、美肌効果などが期待できる。

作り方は簡単だ。麹に、水と塩を混ぜて常温で1週間(冬場は10日〜2週間)置いて発酵させる。発酵途中の1週間は毎日かき混ぜて空気を入れる必要がありるが、1度完成したら、後は冷蔵庫に入れて1〜2週間に1度かき混ぜるだけでOK。

その使い方はさまざま。麹に塩を加えた塩麹は、カドがとれた、まろやかな塩と考えてほしい。食材と和える、混ぜる、漬けるなど、調味料代わりに使える。

賞味期限も気になるが、発酵させた塩麹は冷蔵庫に入れておくと、約半年間保存できる。冬場は暖房をつけなければ常温でも大丈夫だが、夏場は常温で保存すると発酵が進んで分離するため、頻繁にかき混ぜなければいけない。

※女性セブン2011年9月22日号
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 00:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。