業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2011年07月06日

便通異常 「頑張りすぎない」が大切

 通勤電車を途中下車してトイレに−。腹痛や腹部の違和感とともに下痢や便秘などの症状が続く「過敏性腸症候群」などの便通異常。こうしたストレスが大きな原因とされる症状に悩む人は年々増え、子供たちの通学にも影響しているという。数多くの臨床経験のある大阪大学大学院医学系研究科の石蔵文信准教授に聞いた。(田野陽子)

 ◆検査で異常なし

 職場の異動、引っ越し…。「環境の大きな変化は、自分では意識をしていなくてもストレスやプレッシャーが過度になっていることがあります」と、石蔵准教授。無意識の不安や緊張感は、肩こりやめまい、下痢などの症状としても表れてくる。

 過敏性腸症候群もその一つ。日頃、男性更年期の診療にあたっている石蔵准教授は、患者の多くに鬱症状があり、うち約7割が下痢などの症状に悩んでいるという。「まるで過敏性腸症候群外来のような状態」だと気付き、一般向けに腸とストレスの関係を解説した本『下痢、ストレスは腸にくる』(大阪大学出版会、1365円)を発刊した。

 同書では、内視鏡などの検査を受けても、がんや炎症、細菌などの異常はなく、「腸の調子や便通が悪くておなかが痛くなるが、トイレに行けば軽くなる場合は疑ってほしい」と呼びかける。原因は不明な部分が多いが、「脳と腸は自律神経でつながり、脳で受けたストレスが腸に伝わって、運動異常や知覚過敏が起こると考えられる」とする。

 便通が悪い状態がさらなるストレスを生み、症状を悪化させる悪循環も。通学している子供の場合は、不登校の原因ともなり得ることを石蔵准教授は指摘する。

 「下痢がひどくなって学校でも頻繁にトイレに行くようになり、からかわれるなどして結果的に不登校を招くこともある」。子供の引きこもりや不登校の場合、その陰にトイレの問題があるのではないかと疑い、「おなかの調子が悪くないか」「緊張や不安が強くないか」と尋ねることを勧めている。

 ◆信頼できる医師を

 下痢症状が頻繁に続くと、日常生活に支障をきたす。気になるのは治療と予防法だ。

 厚生労働省の研究班がまとめた治療ガイドラインなどによると、まずは規則的な食事▽睡眠や運動▽休養などの生活習慣の改善▽便を硬くする高分子重合体や消化管運動調整薬−などの薬物療法。症状が緩和されなければ、抗不安薬や抗うつ剤の投与などと、段階をへながら実施される。

 しかし、「受診しても満足な診療が受けられないことが多いのが実態」と、石蔵准教授。「メンタル面は精神科で軽症、消化器科では『異常なし』と診断される。消化器機能が分かり、心身医学もできる医師は少ないのではないか」と指摘する。

 そこで、内科でも消化器科でも、私生活の問題などまでよく話を聞いてもらえるかかりつけ医を見つけておくことを推奨。石蔵准教授は「心が通い合う医師を探すとともに、日常生活でもリラックスして頑張りすぎないように心掛けてほしい」とアドバイスしている。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 12:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。