業界初!!製造に2年以上かけた超発酵エキス「天然美通」は善玉菌のエサとなりあなたの腸の改善に役立ちます。

2014年03月15日

「便秘に効く3つの成分」

便秘解消にはどんな食材が必要か知っていますか?

さつまいも、バナナ、ヨーグルト…。様々なものがありますが、なぜこれらは便秘を解消してくれるのでしょうか。

こちらでは、これらに含まれる成分が便秘に効く理由をご紹介していきます。

便秘解消のための3つの成分
便秘に効くといわれている食べ物は、さつまいも、バナナ、こんにゃく、ヨーグルトなど多くのものがあります。それらに含まれる成分を3つのタイプに分類して、なぜ便秘を解消するのかを説明していきましょう。

1.食物繊維
2.ビタミン・ミネラル
3.乳酸菌

これらは、3つとも腸内で働く理由が違うため、どれか1つをたくさんとればいいということではありません。3つをバランスよくとることが便秘解消の秘訣です。

@食物繊維
食物繊維には水を含みやすく便を軟らかくしてくれる「水溶性」のものと、胃で消化されにくく腸を刺激しやすい「不溶性」のものがあります。一言で食物繊維といっても、全てが同じわけではないことに注意しておきましょう。

不溶性を多く含む食品:トウモロコシ、さつまいも、かぼちゃ、きのこ類
水溶性を多く含む食品:こんぶ、わかめ、バナナ、リンゴ
両方バランスよく入った食品:納豆、ごぼう、オクラ

これらの食物繊維を積極的にとりましょう。ただしどちらかだけではいけません。できるなら、不溶性の食物繊維を水溶性の2倍程度とるのが理想です。不溶性の食物繊維ばかりとっていると水分不足で便が硬くなり、ますます便秘になってしまうからです。

Aビタミン・ミネラル
ぜん動運動の働きを助けるのがビタミンやミネラル。特にカリウムやビタミン類は腸の働きを活発にし、マグネシウムは便を軟らかくして排出しやすい状態にしてくれます。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれている食品は、大豆製品、海草類、枝豆です。緑黄色野菜にもビタミンが多く含まれているので積極的にとっていきたいですね。

ただし、マグネシウムやカリウムは、過剰に摂取すると腎臓にダメージを与えます。腎臓に持病のある方やミネラルのとりすぎには注意が必要です。

水も大切です
大人の体は水分が6割、水がなくては生活できません。それは体だけではなく、排出される便にも関係しています。食事の水分も含めて、1日1.5~2リットルの水分をとるように心がけましょう。

ダイエットのときには便秘はおこりやすいもの。無茶なダイエットで食事も水分もとらず…。このような生活をしていては便秘になるのも仕方ありません。食べる量を少し減らしたとしても、栄養や水分は意識してとりましょう。

B乳酸菌や発酵食品
健康によいとされる乳酸菌は、腸内細菌のえさになり善玉菌を増やしてくれます。そのうえ悪玉菌の発生が抑えられる、ぜひとっておきたい成分です。

乳酸菌と言えば一番に思いつくのがヨーグルト。しかし、それだけではなく、味噌や漬物といった発酵食品にも乳酸菌が含まれているので、簡単に摂取しやすいですね。

毎日乳酸菌をとろう
もともと人の体には常在菌として乳酸菌が存在しています。また乳酸菌以外にも、人の腸には様々な微生物が生息し、日々消化活動が営まれています。

しかし食事から取り入れる乳酸菌は、そのような常在菌と違って長くは腸内にとどまることができません。こまめに摂取する必要があるので、毎日意識して乳酸菌をとるように心がけなくてはいけませんね。

バランスよく栄養をとろう
便秘解消には、「食物繊維」・「ビタミンやミネラル」・「乳酸菌」が大切なことがわかりました。便秘が気になる方は、これらの栄養を多く含む食材を食べるように意識してみましょう。特に食物繊維と乳酸菌のタッグは強力です。朝食にヨーグルトとバナナを合わせて食べるのもいいですね。

なかなかバランスよく食事をとれないということであれば、足りない栄養をサプリメントで補うといいでしょう。サプリメントだけを摂取するのはいけませんが、毎日の食事の足りない栄養素を補うために使うのなら、問題はありません。

あまり窮屈に考えると嫌になって続きません。適度に気を抜きながら、楽しく食事をとるのが長く続ける秘訣です。楽しく、美味しく便秘解消をしていきましょう。
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 14:03 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

ヨーグルトや納豆などの「発酵食品」から受ける恩恵は絶大! 海外でも発酵食品が大きな注目の的に

日本人が日常的に食べている梅干や納豆、かつお節に味噌、醤油などの食品は全て発酵食品である。ある研究により「発酵食品は風邪やアレルギーを改善するパワーがある」ことが判明したことを機に、我々が何気なく食べている発酵食品の秘密に迫ってみたいと思う。

・発酵食品の何がすごい?
では発酵食品の何がそんなにすごいのか説明したい。食品が発酵する時に酵母とバクテリアによって作り出される酵素は、糖分やデンプンを分解して、体が栄養分を吸収するのを助ける役割を果たす。中には乳酸菌を生成する物もあり、乳酸菌は腸などの器官に常在して、臓器環境を整えるのに役立っている。

・発酵食品を食べないと善玉菌が減る
スペインの免疫学者チームが腸内の善玉菌の変化を調べるため、毎週ヨーグルトやチーズ、ピクルスなどの発酵食品をたくさん食べている被験者に、2週間それらの摂取をやめてもらい様子をみた。

その結果、免疫機能を支える消化器官内の善玉菌が大幅に減少していることが判明したのである。その後の2週間、被験者に発酵食品はヨーグルトだけ食べてもらったが、再び様々な発酵食品をたくさん食べるようになるまで善玉菌の数は元に戻らなかった。

・発酵食品から受ける恩恵
免疫細胞の70〜80パーセントは消化器官に存在するため、発酵食品を食べて腸内環境を整えることは、免疫力を高めることにつながる。咳や風邪、アレルギー、過敏性腸症候群(ガスが溜まり下腹部の張る症状)の症状を抑える効果があり、ある調査では、10年以上日常的に発酵食品を食べ続けると、2型糖尿病を患うリスクが減少することも明らかになっている。

・海外でも注目を集める発酵食品
近年、発酵食品は海外でも大きな注目を集めている。乳酸菌と酵母で共生発酵させたロシア発祥のドリンク「ケフィア」やモンゴル原産の発酵飲料「紅茶キノコ」などが、一般的にスーパーで販売されるようになった。また、生地に乳酸菌を混ぜて発酵させたサワーブレッドにも人気が集まっているそうだ。

最近、発酵食品を食べていなかったという人は、意識して食事に取り入れてみてはいかがだろうか。缶コーヒーやエナジードリンクを乳酸菌飲料に変えてみるのも良いかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 16:49 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美肌のカギを握るのはキレイな腸、腸内環境を整えるポイント3つ

美肌を手に入れるために高価なコスメを使ってみたり、エステ等に投資するのも悪くありませんが、もっと簡単に美肌を手に入れるためにおすすめしたいのがキレイな腸を作ること。


腸内に老廃物が多いと、肌トラブルが発生するなど、お肌と腸内の環境は密接な関係があります。今回は腸内環境を整えて美肌になれるポイントをお伝えします。

■植物性乳酸菌で善玉菌を増やす
腸内細菌には、免疫力を高めるなど体によい働きをしてくれる善玉菌と、毒素を発生させるなど体に悪い働きをする悪玉菌があります。悪玉菌が作った老廃物や毒素が腸で吸収され、血液にのって皮膚に運ばれて肌トラブルを起こすと言われているので、まずは善玉菌を増やすようにしましょう。

腸内の善玉菌を増やすには乳酸菌が効果的ですが、ヨーグルト等に含まれる動物性の乳酸菌の多くは大腸まで届きにくい傾向があります。お漬け物や味噌、しょう油等に含まれる植物性乳酸菌は生きて大腸まで届くので、積極的に取るように心がけましょう。

■食物繊維をバランス良く摂取する
腸内環境を悪化させる原因にもなる便秘を解消するためには、食物繊維を積極的にとることが大切です。食物繊維には水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶けやすい水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維は便の元になり、お米や豆類、ゴボウやニンジン等に多く含まれています。

水溶性食物繊維は老廃物を吸着して体外に排出してくれる働きがあり、海草類やこんにゃく、なめこ等に多く含まれています。この2種類の食物繊維をバランス良く摂取することが、便秘解消のキーポイントです! 

■オレイン酸で便通を促す
腸の機能を上げてくれる栄養素のひとつにオレイン酸があります。オレイン酸はオリーブオイルなどに多く含まれていますが、小腸で吸収されにくい性質があるため大腸まで届きやすく、腸の内壁を滑らかにして便通を促してくれます。

抗酸化作用や抗炎症作用もあるエクストラバージンオイルを毎日の食生活に取り入れて、健康でキレイな腸内環境を作りましょう。

腸内環境を整える3つのポイントをおさえて腸を美しく保ち、内側から輝くような若々しい美肌を手に入れて下さいね。
(YUKICO)
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 16:47 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

健康診断なんて恐くない!!健康で過ごすためにチェックしておきたい情報3選

もうすぐ新年度、毎年健康診断に戦々恐々としている人も多いはず。肥満、高血圧、糖尿病、更年期…、常日頃からこれらに対する知識を備えておきたいもの。今日は、毎日を元気で過ごすために必要な情報をチェック。目からウロコの話題満載!

1.「50歳から肉を食べ始めなさい」フォレスト出版

まずは、肉を食べて健康になる「腸」健康法の本を。これまで「肉は健康に悪い」、「粗食・一汁一菜」こそが健康に良いと言われていたが、その考え方を見直し、肉を健康長寿に活かす食べ方を、「腸」の視点から解き明かした本。著者の藤田紘一郎先生は、3年前、糖尿病を患った経験から病気を治したい一心でカロリー制限ダイエットを実践。しかしまったく改善されなかった反省から、健康長寿のための食事について研究した本。


2.「 糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい!」主婦の友社

次も新刊の健康本をご紹介。近年、カロリー制限の意識が高まり、日本人の平均エネルギー摂取量や脂肪摂取量は減少していながら、患者や予備軍が増え続ける糖尿病。この本は、「糖尿病患者の増加背景にはマグネシウムの摂取不足がある」と指摘する著者が、マグネシウム摂取不足の事実と糖尿病との因果関係について、さらには不足を補って予防・改善するための食事方法など、新しい視点から糖尿病を解明し、すぐに活用できる内容にまとめたもの。糖尿病予備軍になってしまったあなた、または糖尿病に悩む両親にも教えてあげたい1冊。


3. 大豆イソフラボンプラス(ファンケル)

最後は、ファンケルより販売中の女性向けサプリメントをチェック。女性のバランスだけでなく、バランスの乱れに起因するメンタルヘルスやさまざまな健康リスクにもアプローチしてくれる。年齢とともに高まる更年期以降の健康リスク対策にも。1日の目安量はわずか一粒。年代問わず、全ての女性の健やかな毎日を応援してくれる。(http://www.fancl.co.jp/index.html)
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
posted by 情報探偵 at 10:05 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
乳酸菌で代表されるヨーグルトでは、自分に合ったものを毎日大量に摂り続けなければ意味がありません。それは外部から腸内に菌を取り入れるという発想だからです。
しかし、「天然美通」なら腸内に既に棲む善玉菌のエサとなる作用がありますので善玉菌を強くし増やすことができます。しかも胃酸や熱に負ける事なく腸までしっかり届きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。